お客様にご安心してご来店いただくため、
当店では新型コロナウイルスの対策に取り組んでおります。

STAFF BLOG

メディカルサロン BIDAN

驚きの結果
BIDAN各店のお客様の体験談をご覧いただけます。
※効果には個人差が御座います

2021年01月20日 16:08STAFF BLOG難波店

冬の乾燥による頭皮へのダメージ及び原因と対策

皆様こんにちは

BIDAN難波店の川上です

1月2月は冬の寒さのピーク
それに伴い乾燥との戦いになります

今日はなぜお肌、頭皮に保湿が必要なのか
改めてご説明させていただきます

まず頭皮が乾燥すると、
どのような症状が起こるのでしょうか。
特徴と合わせて詳しく見ていきましょう。

① フケの発生
頭皮は、ターンオーバーという仕組みで絶えず生まれ変わりを繰り返しています。
肌の奥深くで作られた肌細胞が肌の表面へと上がってきて、
押し出す形で古い肌細胞と入れ替わるのです。

肌が乾燥するとこのターンオーバーのリズムが早くなり、
未熟な肌細胞まではがれ落ちるようになります。
これが乾燥によるフケの正体です。
また、乾燥すると皮脂が多量に分泌され古い肌細胞と混ざり合ったべたつきのあるフケが出る場合もあります。

②かゆみが起こる
頭皮が乾燥すると、あらゆる刺激に弱くなります。
刺激を受けた結果、頭皮に炎症が起きてかゆみが引き起こされてしまいます。

頭皮がかゆいからといってかきむしると、
さらにバリア機能が低下し刺激を受けやすくなる非常に危険な悪循環になります。
そのため、かゆみを未然に防ぐことが大切です。

③抜け毛が増える
頭皮が乾燥し炎症が起こると、抜け毛が増える場合があります。
炎症が起きてすぐに抜け毛が増えるわけではありませんが、乾燥を放置すると炎症が悪化し
髪の成長に影響を及ぼしてしまう恐れがあります

④においの発生
頭皮は乾燥してもにおいは起こりにくいですが、頭皮が乾燥して身体が皮脂不足を感じ取り、
皮脂の分泌量が急激に増えた場合は、においが起こる可能性があります。
頭皮に生息している雑菌が皮脂を分解し、においを発生させるのです。

それでは、頭皮はどのような理由で乾燥するのでしょうか。
頭皮が乾燥する原因は様々です
ここでは5つの原因について確認していきましょう。

①乾燥肌
頭皮以外の肌が乾燥しやすい方は、頭皮も乾燥しやすい傾向があります。
このような乾燥肌には、生まれつきヒアルロン酸やコラーゲンなど
保湿に関係する成分が少ないことが関係しています。

顔や腕、脚などは保湿ケアをしていても、頭皮の保湿ケアはしていない方も多いでしょう。
乾燥肌の方は頭皮の乾燥にも悩まされやすいため、十分な対策が必要です。

②洗浄力が強すぎるシャンプー
洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと、皮脂を過剰に洗い流してしまいます。
皮脂はにおいの原因にもなるため、マイナスなイメージを持たれがちですが、
肌を刺激から守る役割も果たしているため、適度に皮脂がある状態が望ましいのです。

③ストレスが溜まっている
ストレスが溜まっていると、血管の収縮と拡張を調節している自律神経のバランスを崩し、
血流の問題を引き起こしてしまいます。
頭皮への血流が不足しターンオーバーに必要な栄養が運ばれずにターンオーバーが乱れやすくなります。

④栄養バランスが悪い
ターンオーバーを整えるには、タンパク質やビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養が必要です。
特定の栄養が不足しているバランスの悪い食事では、ターンオーバーが乱れてしまいがち。
好き嫌いが激しかったり、外食やコンビニ食が多かったりする方は栄養バランスが崩れやすいため注意しましょう。

⑤ドライヤーの使い方が間違っている
髪を早く乾かしたいからと、ドライヤーを近くからあてている方は多いのではないでしょうか。
これは髪はもちろんのこと、頭皮にとっても決して良いことではありません。
ドライヤーの熱が頭皮の水分を奪い去り、乾燥を招きます。

夜、シャンプーの後ドライヤーで髪を乾かしてから寝る、
こうした場合は頭皮が乾燥した状態で寝ることになり
寝具との摩擦でダメージを受ける可能性を高めてしまいます。

ドライヤーの吹き出し口のそばは100度にもなるといわれていますので
頭皮の乾燥を防ぐためにもドライヤーの使い方を間違わないようにしましょう。

では頭皮の乾燥を防ぐにはどのような予防が適切なのでしょうか。
詳しくみていきましょう。

①洗浄力が強すぎないシャンプーを使う
自分の頭皮の状態に合った洗浄力が強すぎないシャンプーを使いましょう。
シャンプーには高級アルコールシャンプーやアミノ酸系シャンプー、石けん系シャンプーなどがあります。

高級アルコールシャンプーは洗浄力が強いため頭皮が乾燥しがちな人が使うと悪化するおそれがあるため注意しましょう。
アミノ酸系シャンプーと石けん系シャンプーは洗浄力がマイルドですが、洗いあがりがパサつきやすいことが特徴です。

②正しいシャンプーの仕方を心がける
自分に合ったシャンプーを使っていても、間違ったシャンプーをしていると乾燥の原因となります。
皮脂を洗い流しすぎないように、ぬるま湯で洗いましょう。
また、頭皮を乾燥させないように指の腹でマッサージするように洗うことが大切です。
仕上げはシャンプーの洗浄成分が頭皮に残らないように丁寧にすすいでください。

③乾燥対策となる食生活を心がける
タンパク質やビタミン、ミネラルなどを十分にとり、ターンオーバーを整えましょう。
また、水分が不足することも乾燥の原因となるため、こまめに水分補給してください。
どうしても、栄養に偏りが出る場合は、サプリメントで補うことも大切です

④正しくドライヤーを使う
ドライヤーは、頭皮から20~30cmは離しましょう。それでも頭皮に熱が加わるため、
ドライヤーを常に振りながら使うことが大切です。
全体にまんべんなく温風が行きわたるように使うことで、頭皮への熱ダメージを抑えられます。

⑤保湿ケアする
頭皮の乾燥が気になる方は、保湿ケアを習慣づけましょう。
ドライヤーをあてる前に保湿することで、頭皮のダメージを抑えられます。
それでも頭皮の乾燥を感じる場合は、規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事、
ストレスケア、正しいシャンプーなど、ほかの対策を徹底しましょう。

すべての対策を同時に行うことで、頭皮の乾燥を解消しやすくなります。

以上
頭皮乾燥の原因とそれによる頭皮へのダメージ
保湿の重要性でした

最後まで見て頂きありがとうございました

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛に悩む男性・女性を最短3ヶ月で発毛に導く、大阪・神戸・奈良の発毛専門メディカルサロン BIDAN

RSSフィード