お客様にご安心してご来店いただくため、
当店では新型コロナウイルスの対策に取り組んでおります。

STAFF BLOG

メディカルサロン BIDAN

驚きの結果
BIDAN各店のお客様の体験談をご覧いただけます。
※効果には個人差が御座います

2018年03月28日 10:26STAFF BLOG高槻店

髪の毛のための食事

 
こんにちは。高槻店の山本です。
今日は髪の毛のための食事について載せていきます!!。
 
髪の毛によい食べ物は,肌にも体にも良いものが多いです。基本的にかたよった食事は避け,満遍なくとるようにしましょう。ダイエットなどをすれば,髪の毛にも肌、体にも悪いです。
まずは、髪の毛がどんなもので出来ているかを調べてみると,つめと同じようにケラチンというものがあり,それを作るのにアミノ酸の色々なものが必要になってきます。
そこで,おすすめなモノは,大豆や凍り豆腐,鶏肉などですね。牛乳や脱脂粉乳などの乳製品もいいとされていますが,アトピーなどで,あわない場合は,あうもので代用しましょう。お肉やお魚にもはいっています。
 
そこで、髪の毛が薄くなっている人を見ると,原因は色々ありますが,首に近い部分が残っているのは,血行の関係が大きくかかわっていると思います。
そこで血行を良くする食べ物を探してみましょう。
トマトやにんじん,しいたけ,セロリ,ほうれん草などなど。特にトマトなどは,活性酸素をやっつける作用があると思いますのでお勧めです。
 
それに対して,あまり酸性の食品は取りすぎないほうが良いでしょう。
アイスクリーム・アルコール・コーラ・コーンシロップ・ピーナッツ・コーヒー・ジャム等がです。
・・せっかく血行をよくする食事をとっても,ストレスや煙草の吸いすぎは血管を収縮させてしまいます!!
 
・・アルコールの取りすぎは、マグネシウムやビタミンを体の外に排出してしまうので、ほどほどに
 
髪の毛を造る時には色々な酵素が働くとされています。その時、亜鉛などミネラルがないと働きません。ミネラルを豊富に含むものは海藻です。ただしとりすぎは禁物です。たんぱく質(納豆、豆腐やサケ、サバ、サンマ等)との組み合わせがいいといわれていますね。
 
この他に補助酵素として各種のビタミンも必要です。(家庭の授業や理科で習ったと思いますが)それは野菜、果物などです)
では、ビタミンにはどのような効果があるのでしょうか。食品と説明を加えていきます。
 
ビタミンA
・血の流れをよくして代謝をよくします。お肉などと組み合わせると良いですね。髪の毛が元気に育ちぬけにくくなります。
(にんじん・レバー・かぼちゃ・ほうれん草・うなぎのきも)
 
ビタミンE
・同じく、血行の流れをよくして栄養を運ぶのに必要なビタミンです。
(緑黄色野菜、うなぎの蒲焼,いわし,サバ,秋刀魚,玄米、胚芽米、ゴマ、ナッツ類、小麦胚芽油、植物油)
特にナッツ類などのように難いものは,しっかり噛むことによって顔の表情筋を鍛え、若返りにも貢献します
 
ビタミンP
意外に知られていないビタミンです
柑橘類に多く含まれています。たとえばレモン、オレンジなどです。その他、そば粉などにも含まれています。このビタミンも血行をよくすることを手伝っています。
 
ビタミンB群
・頭皮を含む体内の新陳代謝をよくすることによって、髪の毛の成長にかかわります。肌荒れや,にきびなどにも影響するビタミン類ですね。
小松菜,ほうれん草、玄米や小麦胚芽など穀類、豚、レバ-、マグロ、カレイ、いわし、うなぎ、牛乳,卵、干ししいたけ。
では、ビタミン以外のものも紹介しましょう・・
コラーゲンを含むねばり気のあるものです。
それらは髪の艶や張りをよくすることがしられています。髪が丈夫になることによって痛みにくくなります。
(山芋、長芋、里芋、レンコン、納豆、ナメコ、オクラなど、また植物以外では,豚足,すっぽんのほか、ふぐのくちびるなどが最高だと言われています。)
ヨードを合んだ食品は甲状腺の働きをよくして髪の発育を促すと言われています。(わかめ、ひじき、昆布などの海藻類です。)
単独でとるよりも、たんぱく質と組み合わせ、肉や魚科埋のつけ合わせにして食べると、育毛効果があがります。
 
では次は、最近注目されている食べ物を紹介します。
それは亜鉛です。亜鉛は髪の毛の成長に必要なミネラルで、これが不足すると髪の毛は育たなくなり、抜け毛の原因にもなります。
(かき,いわし、ごま,ひじき,わかめ,昆布などなどの海藻類です。)
*かきは食中毒にだけは注意してくださいね!
そのほかに、髪の毛に必要なミネラルには 、セレン*ビタミンEなどと協力して、血液の流れをよくします。(いわし、わかさぎ,大豆)ヨウ素(昆布、わかめなどのあのような色の海草)ケイ素(穀類、豆類)などがあります。
美しい髪を作るのに欠かせないミネラルが鉄分です。
髪に栄養分を運ぶ性質があり不足すると、髪が赤くなったり、パサつくこともあります。
あまりインスタントに頼った生活をしていると,物によっては,摂取できる分量が少なかったり,やわらかいものが多いので,かまないことによって胃腸に負担を与えていることが多いので注意しましょう。
またお肉はタンパク質を含んでいますから、元気な体や髪を作り出すため必要ですが霜降り牛、豚トロなどは、高カロリー、高脂肪なのであまり食べ過ぎると髪に悪影響をあたえかねますので注意しましょう。
 
食生活だけでは必要なビタミン、ミネラル等すべて得るのは難しい環境の人もいます。そういった方は専用のサプリメントを使用するのもいいかもしれません。
 
これらを意識して良い頭皮環境をつくりましょう。
 
 
IMG_5521高槻店 山本

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛に悩む男性・女性を最短3ヶ月で発毛に導く、大阪・神戸・奈良の発毛専門メディカルサロン BIDAN

RSSフィード