お客様にご安心してご来店いただくため、
当店では新型コロナウイルスの対策に取り組んでおります。

STAFF BLOG

メディカルサロン BIDAN

驚きの結果
BIDAN各店のお客様の体験談をご覧いただけます。
※効果には個人差が御座います

2019年12月17日 13:55STAFF BLOG塚口店

「ふくらはぎ」という場所

みなさんこんにちは!塚口店の長田です。

寒さが一段と増してコタツを出した方も多いと思います。

私はコタツ持ってません。

 

そんな冬によく耳にするのが冷え性。

血流の悪化などが原因で冷え性になると思うと、

冷え性にはなりたくないですよね。

 

今回は寒い冬を乗り越えるためにどうすればいいかお話します!

冷え性を抑えるために暖めたり鍛えたりすると効率がいい場所は

「ふくらはぎ」です。

実はふくらはぎは、血液を心臓に送ったり末端まで送ったりと、ポンプの

役割をしています。これを「ミルキングアクション」と言います。この

循環機能がふくらはぎにあるため、ふくらはぎの筋肉量をUPさせることが

大事になってきます。

 

ゴムチューブを使った方法としては、まず輪っかをつくり片方のつま先を

通します。もう片方の足でゴムチューブを踏んで、膝が90°になるまで

あげましょう。個人差はありますが、10秒キープ×5セット行い、

慣れてきたら数を増やすのも良いでしょう。

 

運動なんてする時間がない!という方は、寝る前やお風呂上りに

ふくらはぎ中心のストレッチや、蒸しタオルをふくらはぎに巻くのも

良いと思います!

 

実は最近、ふくらはぎの状態で将来元気に過ごせるかどうかの判断基準

ができるよ言われています。ふくらはぎは身体の筋肉量が現れるらしく、

自分の手で輪っかを作り、ふくらはぎを囲んだ時に余るようなら要注意です。

ふくらはぎが細い人は虚弱体質の傾向があり、老化スピードが早くなる

リスクも含まれているようです。

 

皆さんもふくらはぎを鍛える&ストレッチ&暖めるなどして、

元気に冬を乗り越えていきましょう!

 

 

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛に悩む男性・女性を最短3ヶ月で発毛に導く、大阪・神戸・奈良の発毛専門メディカルサロン BIDAN

RSSフィード