STAFF BLOG

メディカルサロン BIDAN

カテゴリー:BIDAN姫路店

カテゴリー:BIDAN姫路店

23年09月26日 17:47BIDANBIDAN姫路店奈良店頭皮環境
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/super-scalp/www/bidan.co2019/wp-content/themes/bidan_v2/category.php on line 61

髪を育てるときに必要な栄養は?

こんにちは!BIDAN奈良店です!

髪はエネルギーとして成長している

特定の栄養が育毛に対して機能する食事の内容・量・タイミングが大切
AGAであれば栄養を補っているだけでは改善されない

またバランスの良い食事と言われますが

 

主食

→ごはん

 

主菜

→肉・魚・卵・大豆製品などのおかず

副菜

→野菜・きのこ・海藻など

これらにプラスして「果物、乳製品など」を1日1回とれていると、過不足のない栄養補給が可能になります。

いつまでもハリ・コシのある健康な髪を保つための基本は食事です。

気になる方はもう一度食事生活を気にしてみて下さい!

 

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23年09月15日 17:52BIDANBIDAN姫路店STAFF BLOGビダン姫路店姫路店BIDAN姫路店姫路店

ターンオーバーって何?

こんにちは、BIDAN姫路店の岸川です。
今回はターンオーバーについてお話していきます。
ターンオーバーとは、肌の細胞が一定の周期で生まれ変わる代謝サイクルのことです。
表皮の一番奥にある基底層から新しい皮膚細胞がつくられ、それが上へ上へと押し上げられて、肌の表面に出てきます。
それが垢や古い角質として剥がれ落ちて、新しい細胞と入れ替わっていきます。
ターンオーバーが乱れてしまうと、色素沈着やシミ、くすみの原因になってしまいます。
肌のターンオーバーが乱れる原因】
1. 生活習慣の乱れやライフスタイル
肌のターンオーバーのサイクルが乱れると、皮膚のキメが乱れたり、肌を守るバリア機能が低下して、肌荒れにつながります。
・寝不足            ・ストレス
・食生活の乱れ            ・疲労
・冷え性            ・運動不足
・タバコ            ・過量のアルコールetc.
2. 外部からの肌ダメージ
外部からの肌へのダメージ(紫外線、乾燥など)も、必要な角質層を剥がしてしまい、ターンオーバーのサイクルを無理に早めてしまうことがあります。
ターンオーバーの改善】
1. 生活習慣の見直し
ターンオーバーに大きな影響をもたらすのは生活習慣です。
なので常日頃からしっかりとお肌のケアをして、ターンオーバーを正常化させることが大切です。
・十分な睡眠             ・適度な運動
・紫外線対策             ・ストレスを溜めない
・ビタミンやタンパク質を摂る     ・タバコやアルコールを控えるetc.
2. 正しいスキンケアを心がける
洗いすぎは良くありませんが、かといって洗わなすぎるのもお肌に良くありません。
汚れや角質は落としつつ、必要なケアをしっかり行うことが大切です。ゴシゴシと力を入れて洗顔やクレンジング、ピーリングをしている場合は、やさしくお肌に触れることを意識してみて下さい。
美肌を育てるにはターンオーバーを意識することが大切です。 日々の生活習慣などを改善し、健康な美肌を手に入れましょう!
  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23年09月06日 14:15BIDANBIDAN姫路店STAFF BLOGビダン姫路店姫路店BIDAN姫路店姫路店

頭皮の臭いにお悩みの方

こんにちは、BIDAN姫路店の岸川です。

 

毎日ちゃんとシャンプーをしているのに、頭皮のベタつきや、臭いが消えない、、、という経験はありませんか?

そういった方は、何かしらの頭皮トラブルが原因です。

臭いの原因やヘアケアについて見直していきましょう。

 

臭いの原因】

顔や体と同様に、頭皮も毎日一定の皮脂が分泌され、頭皮の水分の蒸発を防いだり、外からの刺激から守るなどの働きをしています。

頭皮には多くの皮脂腺があり、頭皮トラブルにより皮脂が過剰に分泌されると、雑菌が増殖し、頭皮の臭いの原因になってしまいます。

 

・強い洗浄力のシャンプーの使用

頭皮のベタつきを無くそうと洗浄力、脱脂力の強いシャンプーを使用すると、頭皮の乾燥が進み、それを潤そうと皮脂が過剰分泌されてしまいます。

 

・シャンプーの洗い残し、回数

シャンプーの洗い残しによりシャンプーの成分が頭皮に残ると、頭皮トラブルを招いたり、雑菌が増殖する恐れがあります。

また、一日に何度もシャンプーをすると頭皮の乾燥を招く原因となります。

 

・偏った食事

脂っこいものばかりを摂ったり、食べ過ぎ、飲みすぎなども頭皮のターンオーバーの乱れを引き起こす原因につながります。

 

・不規則な生活習慣

生活リズムの乱れや睡眠不足、夜更かしなど、日常で抱えてしまっているストレスも、頭皮を悪化させる原因になります。

 

頭皮ケアの見直し】

・低刺激のシャンプー

頭皮の臭いを消したいがため、洗浄力の強いシャンプーを選ぶ人もいますが、それは逆効果です!

マイルドな洗浄力の「アミノ酸系」など無添加のものを選ぶのがオススメです。

 

・保湿で潤いを

洗いすぎによる乾燥など、頭皮の潤いが不足して皮脂が過剰に分泌している場合は、保湿成分入りのシャンプーがオススメです。

スキンケア商品でもよく見かける「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などが成分表に記載されているものを選ぶといいでしょう。

 

・香りで誤魔化さない

頭皮の臭いを消すため香料でカバーしようとしても、頭皮と香料の相性によってはかえって臭いが強くなったり、不快な臭いになる場合があります。

香りで臭いを抑えようとせず、「炭」「カキタンニン」など消臭効果が期待できる成分入りのシャンプーを選ぶのがオススメです。

 

・正しい生活習慣

栄養バランスを意識した食事や適度な運動、質の良い睡眠、ストレスの感じやすい方は自身に合ったリフレッシュ方法など、規則正しい生活を心がけることも頭皮環境の改善につながります。

 

 

頭皮は私たちが思っている以上にデリケートな部位です。

環境改善の一歩として、まずはできることから実践し、頭皮環境の改善にトライしてみてはいかがでしょうか。

 

 

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23年08月30日 15:47BIDANBIDAN姫路店STAFF BLOGビダン姫路店姫路店日焼けBIDAN姫路店姫路店

日焼け止めの選び方

こんにちは、姫路店の岸川です。

紫外線対策として日傘や帽子、アームカバーなどありますが、もっとも使用されているのは日焼け止めではないでしょうか。

日焼け止めは、スーパーやコンビニなどで気軽に購入できるので、なんとなくで選ばれている方も多いんじゃないでしょうか。

ここでは日焼け止めの選び方についてお話していきます。

 

日焼け止めの効果】

日焼け止めを選ぶ際に「SPF」「PA」と記載されているのを見たことがあると思います。

この二つの意味を理解すれば、自分に合った最適な日焼け止めを選ぶことができるでしょう。

 

・SPFとは

日焼けまでの時間をどの程度引き伸ばせるのかを示した数値です。

2種類ある紫外線のうち、UV -B波の防止効果を示した数値で、SPEには1~50まで段階があり、数字が大きくなるほどUV-B波を防ぐ効果が高くなります。

日焼け止めによっては、SPF50以上の効果を持続するタイプもあります。

そういった日焼け止めは「SPF50+」と記載されています。

 

・PAとは

肌が黒くなることを防ぐ効果がどれだけあるかを表しています。

2種類ある紫外線のうち、UV -A波の防止効果を示した数値です。

先程のSPFとは異なり、数字では記載されておらず、「+」~「++++」の4段階で示されており、「+」が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高くなります。

 

日焼け止めの選び方】

数字や+の多い日焼け止めを選んでおけばいいと考える方もいるかもしれませんが、日常で使う分にはSPF20、PA++程度で大丈夫です。

肌に優しい成分が配合されていてもSPF50以上やPA++++を日常的に使っていいると、肌への負担になってしまうかもしれません。

数値の高い日焼け止めは海水浴や登山など長時間外で過ごすようなときに使用することをオススメしています。

自分の生活やその日の行動に合った日焼け止めを選び、汗をかいたりした後にはこまめに塗りなおすことが大切です。

なので、出かける際には日焼け止めを持ち歩くようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23年08月25日 14:05BIDANBIDAN姫路店腸活食事BIDAN姫路店ビダン姫路店姫路姫路店

オクラの栄養

こんにちは!BIDAN姫路店の水野です^^

夏野菜が大好きな私ですが、最近はトマトと同じかそれ以上にオクラにはまっていることに気が付いたので、今日はオクラの栄養素についてお伝えしようと思います!

夏バテ防止にも良いとされるオクラ、様々な栄養素が豊富に含まれています。

まず、オクラに含まれる独特のネバネバとした成分は、主にガラクタンやアラバン、ペクチン等の食物繊維です。ペクチンは整腸作用を促し、便秘や下痢を予防して大腸がんのリスクを減らすほか、コレステロールを排出する作用でも知られます。

また、オクラには抗発がん作用や免疫賦活作用があるとされるβカロテンが、レタスの3倍以上も含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、視力や粘膜の健康を維持するほか、髪や皮膚の健康維持といった美容面にも効果的です♡さらに、喉や肺など呼吸器系を守る作用もあります。

オクラにはピーマンの3倍のビタミンB1も含まれており、夏バテなどの疲労回復にも効果が期待できます。免疫力アップや抗酸化作用を持つビタミンCも多いので、体の老化予防の為にも摂取すると良いでしょう。特にストレスの多い人や喫煙習慣のある人は積極的に取り入れたい食材です。

加えて、オクラに沢山含まれているカリウムには体内の余分なナトリウム(塩分)を排出する役割があります。

高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防への効果が期待できるほか、長時間の運動による筋肉の痙攣を防ぐ働きもあるのです。

最後に成長期に骨を生成するうえで欠かせない成分であり骨を丈夫にするカルシウムも豊富です。

嬉しい事だらけのオクラ、ぜひ皆様も積極的に食べてみてください♪

 

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23年08月20日 14:30BIDANBIDAN姫路店STAFF BLOG姫路店BIDANBIDAN姫路BIDAN姫路店

気温の変化

皆さんこんにちは^ – ^ビダン姫路店の石田です
本日は気温の変化についての対策をお話しします!

寒暖差疲労とは、気温差(7℃以上)が大きいと起こりやすくなるもので、体温を調節する自律神経が過剰に働いてしまい、全身倦怠感、冷え症、頭痛、首こり・肩こり、胃腸障害、イライラ、不安、アレルギー(鼻炎症状)などの様々な症状が出てしまう、「気象病」の1つです。

体の中を温めるために、冷たい飲物や体を冷やす食材をとり過ぎないようにしてください。食事の時は、しっかりと噛んで、ゆっくり食べましょう。一口入れて、咀嚼は20回位がベストです。

温めるポイントは、手首、足首、首、両側肩甲骨の中心の4つです
入浴は、ぬるめの38-40℃位のお湯に10-15分程度、肩までしっかりとつかるのがよいでしょう。
就寝時は、寝具をしっかりと使いましょう。その際に重要なのは、首を冷やさないようにすることです。
外出時は、服を厚めにします。特に首肩周りは、冷えやすいので、スカーフやマフラーを使用すると良いでしょう。両側肩甲骨の間に、洋服の上から張るタイプのカイロを使うのも一つです。
腸は脳に次ぐ多くの神経細胞が存在し、「第二の脳」ともいわれています。腸の健康は全身の健康に影響するので、腸内環境を整えることは「寒暖差疲労」を予防するうえでも重要なことです。善玉菌を増やして胃腸の調子を整えましょう。ヨーグルトや納豆などの発酵食品を1日1回食べるように心がけましょう。

 

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23年08月18日 15:34BIDANBIDAN姫路店未分類驚きの結果BIDAN姫路ビダン姫路姫路姫路店驚きの結果

約1年での変化

こんにちは!本日は30代男性の発毛過程をご紹介します♪

つむじは3ヶ月でスピード発毛、

M字は約1年での結果です(^^)

ご自身にもご実感して頂けてよかったです。

残りも一緒に頑張っていきましょう!

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23年08月12日 14:08BIDANBIDAN姫路店STAFF BLOG姫路店BIDANBIDAN姫路BIDAN姫路店

水分補給

皆さんこんにちは、ビダン姫路店の石田です。
本日は水分補給のお話をさせて頂きます(^^)

一般的に、人の1日の水分出納は約2.5Lです(尿:約1,500ml、不感蒸泄※:約900ml、便:約100ml)。夏場は汗をかく分、意識して水分の摂取を心がける必要があります。

私たちの身体には、約0.9%の食塩水と同じ浸透圧の血液が循環しています。また汗をかいた肌をなめると塩辛い味がすることからわかるように、汗にはナトリウムが含まれています。大量に汗をかいてナトリウムが失われたとき、水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が薄まり、これ以上ナトリウム濃度を下げないために水を飲む気持ちがなくなります。同時に余分な水分を尿として排泄します。これが自発的脱水症と呼ばれるものです。この状態になると汗をかく前の体液の量を回復できなくなり、運動能力が低下し、体温が上昇して、熱中症の原因となります。
熱中症予防の水分補給として、日本スポーツ協会では、0.1~0.2%の食塩(ナトリウム40~80mg/100ml )と糖質を含んだ飲料を推奨しています。特に1時間以上運動をする時は4~8%の糖質を含んだものを摂取しましょう。冷えたイオン飲料や経口補水液の利用が手軽ですが、自分で調製するには1リットルの水、ティースプーン半分の食塩(2g)と角砂糖を好みに応じて数個溶かしてつくることもできます。
また、糖を含んだ飲料が推奨される理由としては、腸管での水分吸収を促進することが挙げられます。主要な糖であるブドウ糖は、腸管内でナトリウムが同時にあると速やかに吸収されます。そしてそれらに引っ張られ水分も吸収されるというのがそのメカニズムです

 

 

 

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23年08月08日 16:11BIDANBIDAN姫路店STAFF BLOG発毛血行促進頭皮環境高槻店BIDANBIDAN高槻店発毛サロン高槻店髪が細い

エイジング毛って知ってますか?

こんにちはビダン高槻店の松下です。

今回はエイジング毛についてお伝えしたいと思います。

皆さん「エイジング毛」てご存じですか?

エイジング毛とは加齢に伴い髪の状態が変化していく老化現象による髪の状態の事を言います。

髪の毛がチリチリになってきたり、まとまらない、乾燥しやすくなるなどの特徴があります。

原因としては加齢や栄養不足による女性ホルモンの減少、抗酸化力の低下、間違ったヘアケア等です。

女性ホルモンは肌や地肌の弾力を保つコラーゲンを増やします。

そのおかげで水分を保ち、髪にハリを出す事、毛母細胞を活性化させる役割ももっており健康な髪を維持するために必要です。

このコラーゲンが減る事により頭皮の乾燥、髪のコシが無くなります。

体内の変化が原因なので妊婦さんや産後に髪が抜けるというのもこれに近いものがあります。

抗酸化力とは身体の細胞を傷つける活性酸素を除去する力で老化を抑える働きがあります、活性酸素が増えすぎると酸化力が強すぎて細胞にダメージを与えてしまいます。それにより、髪の毛を黒くするメラニンを作るメラノサイトが壊れて白髪が増える事に繋がります。活性酸素は髪の内側から栄養、水分を流出させるだけでなく頭皮にも蓄積されるので、頭皮、髪の毛を老化させてしまいます。

紫外線も老化の大きな原因です。頭は無防備な状態で直接紫外線を浴びてしまう場所です。帽子や日傘で年中対策することが大事です。

日々使うシャンプーもかなり重要です。

頭皮環境を整え、洗浄力が比較的穏やかなアミノ酸系のシャンプーがお勧めです。シャワーの温度や頭皮を擦らず、泡で毛穴や頭皮の汚れを落とし清潔な状態で睡眠をとる事。

乾かさずに寝るのは絶対にNGです。

綺麗な髪とチリチリの髪の毛では後ろから見た時、綺麗な髪の方は平均で5歳は若く見えるといわれています。

身体は服で隠せても髪は一生見られるお顔の一部です。

しっかりケアして若々しい髪を保ちましょう!

ビダンではこんな悩みを解決できる若返りのケアが沢山ありますので、お悩みがある方は是非ご相談下さい。

 

 

 

 

 

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23年08月07日 17:35BIDANBIDAN姫路店STAFF BLOGビダン姫路店姫路店日焼け頭皮環境BIDAN姫路店姫路店

日焼けが引き起こす頭皮トラブル

こんにちは、BIDAN姫路店の岸川です。
今年も日差しの強い季節がやってきましたが、みなさんは頭皮の日焼け対策、予防してますか?
頭皮の日焼けを放置すると、赤みや痛み、乾燥などの症状が現れ白髪や薄毛のリスクも高くなってしまいます。
なので頭皮の日焼けが引き起こすトラブルや予防方法、アフターケアについてご紹介します。
頭皮の日焼けトラブル】
・やけど
頭皮の日焼けは、強い紫外線によってメラニン色素が多量に生成され、頭皮に沈着した状態です。
頭皮に強い紫外線を受けると、炎症が起きて赤みやかゆみ、ヒリヒリ感などの症状が現れます。かゆみが気になって頭皮をかきむしると、ますます炎症が強くなる恐れがあります。
・頭皮の乾燥
頭皮が強い紫外線を浴びると、水分が失われて乾燥してしまいます。
頭皮が乾燥するとバリア機能が低下して、空気中の化学物質や花粉、空気の乾燥などの要因で肌トラブルが起こりやすくなります。
・白髪や薄毛のリスク向上
強い紫外線を浴びると、白髪と薄毛のリスクが上がる恐れがあります。髪を色づけているのは、メラノサイト(色素を作り出す細胞)で生成されるメラニン色素です。メラノサイトがダメージを受けるとメラニン色素の生成が低下し、髪を黒く色づけられなくなり、白髪になります。
また、頭皮の炎症が毛穴まで広がると、髪が抜けてしまい、ボリュームが失われる場合があります。一時的なもので、炎症が治まると髪が再び生えるようになりますが、頭皮にダメージを受けることは好ましくありません。頭皮環境が乱れると髪への栄養の供給が低下して、薄毛に繋がる可能性もあります。
頭皮の日焼け対策】
・帽子をかぶる
帽子をかぶることで、頭皮に到達する紫外線を防ぐことが期待できます。ただし、素材によっては紫外線を十分にシャットアウトできず、日焼けを十分に防止できないので、UVカット率の高い帽子を選ぶことをおすすめします。また、UVカット率が高くても、編み目が粗い帽子は紫外線を通してしまうため、布地の密度にも注目が必要です。
・日傘をさす
頭皮環境が帽子だけではなく、日傘を一緒に使うことも大切です。帽子とは違い群れの心配もないので安心です。さまざまなデザインの日傘があるため、ファッションに合わせて選ぶとよいでしょう。ファッションを楽しみながら頭皮の紫外線対策を行うと、無理なく続けられます。

・日焼け止め

頭皮も顔や身体と同じく肌ですので、頭皮用の日焼け止めを利用して紫外線を防止しましょう。クリームやオイルの日焼け止めは髪にからんでベタつくため、スプレータイプの日焼け止めをおすすめします。スプレータイプは、外出前に頭皮と髪にまんべんなく吹きかけられるため、急いでいるときにも使いやすいでしょう。ただし、日焼け止めの効果は時間とともに失われるため、2~3時間に1回の頻度でスプレーしてください。また、汗をかいたときにも、その都度スプレーしましょう。

アフターケア】

・頭皮を冷やす

炎症が起きている場合は、冷たいタオルや保冷剤を包んだガーゼで頭皮を冷やしましょう。炎症が強いほどにメラニン色素が多量に生成され、日焼けがひどくなります。頭皮を冷やして炎症を抑えることで日焼け防止が期待できるのです。強い紫外線を受けると、水ぶくれになるケースもありますが、早く冷やすことで未然に防ぐことも可能です。ただし、同じところを長時間冷やすと血行が悪くなるため、ほてりが改善したら冷やすのをやめましょう。

・頭皮を保湿する

強い紫外線を受けた後は頭皮が乾燥しているため、化粧水で保湿ケアをしましょう。早く保湿することでバリア機能の低下を抑えられます。バリア機能が低下すると、小さな刺激でも炎症が起きるようになったり、日焼けによる炎症が強くなったりするため、入念に保湿ケアをしましょう。

日焼けは時間がたてば改善するとは思いますが、頭皮がダメージを受けたことに変わりはないため、日焼けを繰り返すと白髪や薄毛のリスクが高まります。

なので普段から頭皮の日焼けを徹底して、頭皮環境を健康に保つことを心がけましょう。

  • LINEで送る
  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛に悩む男性・女性を最短3ヶ月で発毛に導く、大阪・神戸・奈良の発毛専門メディカルサロン BIDAN

RSSフィード